三浦半島で釣りを楽しむ
エギング研究&三崎港の釣り

 

釣り場はアングラーにとってたからものです。ルールやマナーを徹底しない限り、釣り場は減る一方です。違法駐車や立入り禁止エリアへの侵入は絶対にやめてください。またゴミは必ず持ち帰り、可能であれば自分以外のゴミも持ち帰るようにして釣り場を守っていきましょう

三崎港、横須賀、横浜、東京の釣り

TOP > 著者

著者

 
古田晃広
 
古田晃広(ふるたあきひろ)
 
著者プロフィール
埼玉県出身。20~40代は東京在住。2020年、神奈川県三浦市三崎(海まで徒歩1分)に移住してきました
 
小学生時代に友達と初めて行った鯉の釣り堀で釣りの楽しさを知り中学生時代はヘラブナ釣りにはまります。それ以降は川釣りをメインに鯉やレンギョ、ブラックバス、ウナギ釣りなどをしますが釣りが一番の趣味とは言えませんでした
 
2020年に三浦市三崎に移住し、ここから釣り熱が爆発します。海が近いのを生かし週4ペースで釣りに通い、釣果を目指しながら既存スタイル&ニュースタイルの釣法などを研究、検証しています
 
得意な釣りのジャンルはエギング、シーバスゲーム、カマスゲーム、メバリング、ロックフィッシュゲームなどです
 
生業はフォトグラファーです。主に子供を中心にした撮影を行っています。ボンジュールフォトという個人事業を営んでいます。写真歴は20年以上です
 
 
発表文献
 
SUPフィッシングを始めよう
三浦半島の釣り場
三崎港の釣り場
城ヶ島の釣り場
油壷の釣り場
このつりエサ、釣れる?釣れない?
三崎港で釣果を目指す

更新日 2022年6月25日

著者 古田晃広