三浦半島で釣りを楽しむ
エギング研究&三崎港の釣り

 

釣り場はアングラーにとってたからものです。ルールやマナーを徹底しない限り、釣り場は減る一方です。違法駐車や立入り禁止エリアへの侵入は絶対にやめてください。またゴミは必ず持ち帰り、可能であれば自分以外のゴミも持ち帰るようにして釣り場を守っていきましょう

三崎港、城ヶ島、油壷、浜諸磯 釣り

三崎港の釣り場ガイド
エギングレッスン(教室、講座)

 
三崎港ガイド
 
はじめに
2020年に三崎に移住して海が近い事もあり、すぐに海釣りにはまりました。年間に250回は三崎港でエギングを中心に様々な釣りをしています
 
釣りをしていると東京や横浜、横須賀方面から来る方が割といて、多くの方がこのサイトを含め三崎港の釣り情報を見て来られますが情報だけでは分かりえない事が多く、その時期に釣れる魚やポイント、どこが立入禁止か車を停める場所など分からない人が一定数以上いて、私自身知りうる情報を伝えてきました
 
またSNSを通じ沢山の釣り人と繋がると三崎港に来る方は様々な情報を知りたい方が多く、自身が得意とするエギングでは有料でもいいからイカが釣れるポイント、その時期釣れるイカ、釣れるやり方を知りたい人が多く、それならば有償の釣り場ガイドとエギングレッスンを自身で実行しようと考えるようになりました
 
釣り場案内は釣行数の多さで情報は知ることは出来ますが、エギングレッスンはある程度スキルや知識、結果(釣果)を出せるようにならなければ対価を貰う訳にはいかないと感じ、2022年初頭、自身にノルマを課しました
 
2022年のエギング釣果(イカ、タコ)が100杯を超えたらサービスを開始する。2022年7月に晴れてノルマを達成したので「三崎港釣り場ガイド&エギングレッスン」を始動します
※筆者のエギングはこちら(アングラーズ)で確認出来ます
 

サービス内容と料金
 
釣り場ガイド
花暮岸壁、超低温冷蔵庫前、うらり、北条湾など三崎港の主要釣り場を歩きながら、その場所の特徴や季節によって釣れる魚、風向きや風速で向いてる&向いてないポイント、混雑状況、車が停めれる場所&停めてはいけない場所。釣り方に順じどのポイントが向いてるなどを丁寧に説明していきます
 
三崎港ガイド
 
上記の画像は超低温冷蔵庫前ですが、この釣り場は岸壁を数字で呼ぶことで差別化しやすくなっています。例えば白灯堤防(現在立入禁止)がある岸壁は5番。1番は潮通りは良いが流れが複雑。釣り場のキャパは小さめ、ある時期は混むが基本は然程混んでいない。車は3番に駐車はOKですが、それ以外はNGで場合によっては警察が来て身分証の提示を求められる(遠くない未来、警察署に連れて行かれ手形が取られるという噂有り)
※赤線箇所は釣り禁止エリア
 
など、地元の人間しか知らない&情報サイトには掲載されてない内容をお教えします
 
画像の説明の中では釣れる魚について言及してませんが、メインはあくまでも時期によって釣れる魚や狙い方を説明します
 
筆者のメイン釣法はエギングですが、これまで三崎港でライトゲーム全般(アジング、メバリング、ロックフィッシュゲーム)、ちょい投げ(ぶっこみ釣り)、サビキ釣り、シーバス&カマスゲーム。胴付き仕掛けによる餌釣り。ふかせ釣りなどを経験しており、これまでにアオリイカ、スミイカ、紋甲イカ、ヤリイカ、ケンサキイカ、スルメイカ、真蛸、イイダコ、マアジ、青アジ、シマアジ、マイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシ、サバ、カサゴ、メバル、アオハタ、マハタ、オオモンハタ、キジハタ、マゴチ、メゴチ、ワニゴチ、アナゴ、ウナギ、カワハギ、オコゼ、アナハゼ、海タナゴ、クジメ、シロギス、トラギス、スズキ、真鯛、ヘダイ、カマス、メジナ、アイゴ、ベラ、ネンブツダイ、スズメダイ、クロイシモチ、マハゼ、ゴンズイ、ハオコゼ、オニカサゴ、クサフグ、ヒガンフグ、キタマクラなど、釣れて嬉しい魚から毒のある危険な魚まで釣っており情報はかなり持っています
 
ルアーで狙う青物、カゴ釣り等でイシモチなど自身はやらなくとも地元の釣り仲間から得る情報も多々あります
 

エギングレッスン
 
三崎港ガイド
 
一年と通じイカが釣れる三崎港。時期によって釣果や釣れるイカが異なります。レッスンではその時に釣れる確率高いイカの釣果を目指しつつ、三崎港で釣れるイカの総合的エギングメソッドをお伝えします
 
実際のレッスン内容は下記となります
 

【釣れるイカの種類】
レッスン時に一番釣れるイカの説明から、1年を通じ狙えるイカを説明し、各イカの釣り方の特徴等

 
 

【釣れる条件】
イカは時間帯や海中の状況等の条件によって釣果に差がはっきり出ます。釣れ易いとされる時間帯(タイミング)、釣れ易い海中の状況(パターン)が存在しますので、詳細をお伝えします

 

また釣れにくい条件だからと言って全く釣れない訳では無いので、難しい条件の中でも釣果が出やすいメソッドの伝授

 
 

【エギのサイズ、カラー】
季節(水温)、海水の濁り度、狙うイカによってエギのカラー&サイズは異なりますので、エギの選び方と使う理由

 
 

【様々な攻め方】
エギングと言えばエギをボトムに着底→シャクリ→フォール→ボトムステイを繰り返しイカを狙うという認識があると思います

 

実際それだけでも釣れますが、それ以外にも様々なメソッドが存在し、講師が三崎港で効果をあると思うメソッドを幾つか伝授します

 
 

【エギとラインコントロール】
エギングにおいて一番重要なのはシャクリやアタリを取る事では無く、海中内でエギやラインをしっかりコントロールしてイカが抱きやすい状況を作る事です

 

レッスンではエギコントロール、ラインメンディングについてお教えします。エギ&ラインコントロールがしっかり出来るようになると海中の状況が分かるようになり、釣れ易い?釣れにくい?の条件もすぐ判断できるようになります

 

またエギをコントロール出来るようになると釣果が出やすいばかりで無く、エギング自体がとても楽しくなります

 

料金
 
三崎港釣り場ガイド
5,000円(税込) ※所要時間40分程度
 
エギングレッスン
5,000円(税込) ※所要時間2時間
お時間の都合があえば、その後一緒にエギングをしながら質問等にお答え出来ます
 
エギングレッスン+釣り場ガイドの両方をお申込みの方は8,000円(税込)で承ります
 

エギングレッスン追加オプション
1年間サポート 5,000円(税込)
 
一回のレッスンでは不安の方。また例えば10月に受講した場合、その日はアオリイカ、コウイカの釣果を目指すレッスンを行います。補足で冬のヤリイカ、春のアオリイカ、初夏のケンサキイカの釣り方等を説明しますが、実際にその時期になっても10月に教わった事は忘れてしまう事があります
 
レッスン1か月後に新たに疑問点が生まれる。そんな事もあると思います
 
1年間サポートに加入していれば講習日から1年間、メール等で疑問点についてお答えします
 
1年間サポートは2年目以降も年間5,000円(税込)でお請けします
 

申し込み方法
 
minimummiura@gmail.com
 
上記のアドレス宛にご連絡ください
その際に申し込みたいサービスの内容を記載してください

更新日 2022年8月11日

著者 古田晃広