釣り情報サイト

 

三浦半島(三崎港城ヶ島油壷浜諸磯剱崎宮川港) 釣り場情報、ライトゲームを中心にした釣りのアイデア釣り具のインプレッションSUPフィッシング情報など提供している釣りと三浦半島に特化したサイトです

三崎港でルアーフィッシング

 
 
三崎港 ルアー
 
三崎港でルアー(疑似餌)を使用した釣りでは圧倒的に夜釣りが有利です。人気釣り場ゆえに魚が全体的にスレているのでルアーでの釣りは難易度が高いですが攻め方次第で釣果が狙えます
 

季節

一年を通じて狙えますが水温が下がる冬場はカサゴを狙うガシリングがメイン。イカ(エギング)は冬でも狙えます
 

釣り場

花暮岸壁、超低温冷蔵前、北条湾、うらりなど何処でも狙えます。北風時はアジやイワシなどの回遊が多いのでアジングやフィッシュイーター狙いのルアーフィッシングが楽しめます
 

 
アジング
アジング不毛地帯とも言われる三崎港エリア。とにかく鰺がスレています
 
アジングはジグヘッド、ワーム、レンジを変えながらカウントを取り、その日のパターンを見極めていくのがポピュラーな攻め方ですが、三崎港アジはアジングどころかサビキでも難しい日があり、トリックサビキで何とか釣れる感じの強敵魚です
 
これまでにも沢山のアジンガーが撃沈してるのを見てきました。何十人にも声を掛け、大多数が数時間やってバイトすらないと嘆き、釣り場を後にしていきます。私自身も週5日、三崎港周辺で釣行しますがアジングで鰺を釣ったのは数回です。釣れるまでの道のりが長いというか、釣れない事(バイトすらない)が多いので志半ばで他魚種狙いにスイッチしてしまう程です
 
確率は低いですが一応攻略法はあります。三崎港エリアにおいてアジングで釣果を出す凄腕の方から聞いた話と、自身の経験をミックスしています
 
まず随時回遊しているアジを狙う事。随時回遊?と思う人がいると思いますので説明します
 
回遊アジには二種類あります。一つは周辺の海を常に回遊している随時回遊アジ。そしてもう一つは回遊してきて一つの場所に居つてしまう回遊後、居つきアジです
 
随時回遊アジは餌に反応する事があり、居つきアジはほぼ反応しません
 
アジを見つけてワームを投げて反応しなかったら、それは居付きアジの可能性が高く狙ってもあまり意味はありません。随時回遊アジがポイントに入ってくるのを待つ方が釣果が出やすいと思います
 

ワームはアピール度の低いナチュラル系で、ジグヘッドは軽め、そしてスローに動かす事。随時回遊アジが通り過ぎていく数分でとにかく数を投げる事、ワームだけに拘らずイソメなどを使用する事です

 
三崎港 ルアー
 
アジングで狙える場所
本題に入る前に鰺が三崎港を回遊をしてるか知るヒントが二つあります。一つはイワシが回遊してるか見極ます。イワシが回遊してる時はアジも大抵回遊しています
 
もう一つは北条湾河口付近うらりの外灯下にポイントにイワシが入っていれば、大抵何処かに鰺の群れもいます
 
鰺の回遊を確認したければ先にこの二カ所のポイントを見て判断するのがよいです。確率的には北条湾河口付近の方に入ってる時が多いです
 

 
うらりマルシェ前
一番のおすすめポイントです。湾側は随時回遊アジが入ってきます。陸側にもアジは入ってきますが「回遊後、居つきアジ」になる事が多く釣れにくいです。外灯下のポイントは”居付きアジ”な上に外灯が明る過ぎるからか激スレアジになっています。こちらから見えるという事は、アジからもこちらが見えると認識しています。うらりの良い点はフグやベラが少ないので消耗戦にならない事も良い点です。うらりの釣り場案内はこちらです
 
三崎港 ルアー
 
 
超低温冷蔵前
外灯下に群れが回遊してきやすいです。但しこのポイントは花暮岸壁と並ぶ三崎港エリアの人気釣り場なのでアジも含め全ての魚がスレてる上にフグやベラが多く餌やワームを千切っていきます。しかもフグに関してはバイトも出さずにサイレントエサ取りをしてくるので厄介です。よい場所が空いており随時回遊アジが回ってきたらチャンス!フグとベラの猛攻避けながら狙っていきましょう。超低温冷蔵前の釣り場案内はこちらです
 
 
花暮岸壁、北条湾(城ケ島大橋側)
超低温冷蔵前と同じく外灯下狙いとなります。こちらには大量のフグがいます。攻め方は超低温冷蔵前と同じになります。花暮岸壁の釣り場案内、北条湾(城ケ島大橋側)の釣り場案内
 
 
北条湾岸壁
花暮岸壁と北条湾河口の中間にあたるポイント。夜に外灯下でアジの回遊を確認しますが居つきアジになっているようで中々釣れません。北条湾岸壁の釣り場案内はこちらです
 
 
北条湾河口
イワシ、アジの回遊があれば三崎港エリアで最も魚影の濃いポイントで外灯下はイワシで埋め尽くされ、アジの回遊、それを追うシーバス。跳ねまくるボラが見られます。外灯が明るい。河口付近でプラクトンが沢山。湾から距離がある為、潮流れがほぼ無い事と三崎港エリア特有のスレが重なり、どの魚も基本餌をあまり追いません。サビキでたまにイワシが釣れ、ロックフィッシュゲームで稀にメバルが釣れる程度です。明るい環境で魚が目視出来るので楽しいポイントですが、それだけです。おそらく魚の夜のラウンジ(休憩所)的な場所だと思います。北条湾河口の釣り場案内はこちらです
 

 
ロックフィッシュゲーム
メバリング
 
三崎港 ルアー
 
三崎港エリアのナイトゲームで楽しめるのがロックフィッシュゲームとメバリングです。カサゴ、メバル、オオモンハタ、アイナメ、クジメ、マハタ、アナハゼ、トラギス、マハゼ、ベラ、ゴンズイ、クロイシモチ、フグが釣れます
 
 
ロックフィッシュゲーム
メバリングで狙える場所
外灯が無い三崎水産物地方卸売市場前以外は何処でも狙えます。スレ度が高く難しいポイントは北条湾河口、花暮岸壁、超低温冷蔵前です
 
 
うらりマルシェ前
このポイントは湾側より陸側に根魚が付いてます。魚は岸壁間際、岸から2~3メートル先、10メートル前後の場所に付いてる事が多いです
 
攻め方はとしてジグ単でジグヘッド1.5~2g程度のジグヘッドに様々なパターン(イソメ、ベイト、アミ)のワームを付けて探ってみてください。動きはスローな方がバイトが出やすいです。バイトはあるけどヒットしにくい時は0.8~1g程度のジグヘッドに変えると乗りやすくなります
 
活性が高い時はメバルプラグ、小さいメタルジグ(魚子メタルなど)に反応してきます。ボトム付近をゆっくり探るのがよいと思います
 
浮いてるメバル(見えメバル)がいますが、スレてるのか満腹なのか反応しない事が多いです
 
ワームなどの疑似餌で厳しい時は活きイソメやジャリメなら釣れる事が多いです。魚の切り身、食わせオキアミでも釣果が狙えます
 
 
花暮岸壁、超低温冷蔵前、北条湾
スレ度は高めですが釣果が期待出来るポイントです。フグが多く、バイト無しでエサ取りをされるのが少し厄介です。岸壁間際に魚が付いてます。それ以外は未知数ですが花暮岸壁と超低温冷蔵前は大物に巡り合えるチャンスもあります
 
うらり同様、浮いてるメバル(見えメバル)がいますが、スレてるのか満腹なのか反応しない事が多いです
 
ワームなどの疑似餌で厳しい時は活きイソメやジャリメなら釣れる事が多いです。魚の切り身、食わせオキアミでも釣果が狙えますがフグの猛攻が激しくもあります
 

 
エギング
 
三崎港 ルアー
出典 : amazon.co.jp
 
エギングで狙える場所

花暮岸壁、超低温冷蔵庫前、北条湾(城ケ島大橋側)
 


 
ショアジギング

 
三崎港 ルアー
出典 : amazon.co.jp
 
ショアジギングで狙える場所

花暮岸壁、超低温冷蔵庫前、北条湾(城ケ島大橋側)
 


 
シーバス
 

三崎港 ルアー
出典 : amazon.co.jp
 

シーバスが狙える場所
三崎水産物地方卸売市場前以外は何処でも狙えます。アジやイワシ(時にメバルも)を追っている時で下げ潮時に釣果期待出来ます(難易度は高いです)

更新日 2021年6月14日
著者 古田晃広