三浦半島、関東で釣りを楽しむ

三崎港、城ヶ島、油壷、浜諸磯 釣り

アジングで使えるサビキ仕掛け

 
 
ジャックサビキ
 
ジグ単のアジングより確実バイトが増えて釣果が出る仕掛けの紹介です
 

 
本来この仕掛けはコマセを使う。もしくはオモリを付け投げサビキで鯵、鯖、鰯を狙う仕掛けですが筆者はアジングで使用する時が多々あります
 
鯵、鯖がいるのにジグ単にワームを付ける仕掛けで反応が無い&薄い時にジャックサビキを使用する事で反応が増え、釣果が出る事があります
 
このページではコマセを使うサビキでは無く、アジング仕様のサビキ釣りを紹介します
 

 
風や潮流れが少ない時の仕掛け
 
ジャクソン(Jackson) ミジンコ
 
ジャックサビキに0.8g以下のジグヘッド、もしくはスローシンキングのルアー等を装着します(筆者はジャクソン・ミジンコ使用)
 
これはサビキ仕掛けを出来るだけゆっくり沈めフォール中に食わせたいので、このような仕掛けにしています
 
但し、強風や潮流れが強い時は仕掛けが流され思うように攻めれないのが、この仕掛けのデメリットです
 
風&潮流れが強い時
底付近のレンジを攻めたい時
 
3~4号程度のオモリをジャックサビキに装着します
 

 
攻め方
 
風&潮の流れが少ない時
カウントを取りながら様々なレンジを攻めていきます。5カウント、10カウントと言った感じで5カウント単位でボトムまで攻めていきます
 
任意のレンジまで沈めたら一度シェイクなどのアクションを入れ、フォールさせてバイトを待つ。その繰り返しで手前まで探ります
 
アクションを入れるのは仕掛けを魚に気付かせる事と、寄ってきた魚が掛かるメリットがあります
 
風&潮流れが早い時
ボトムに仕掛けが着底したら大きめにしゃくりを入れてバイトを待ちます。この仕掛けのデメリットはボトム付近の攻め一辺倒になってしまうのと、根掛かり率が高い。ゆったり沈められい点です
 

 
筆者はポイントに鯵、鯖、鰯がいれば、まずジャックサビキを投げるくらい気に入ってる仕掛けです
 
但し仕掛け一つの定価が400円と割高の為、コスパは決してよくないです。また半分以下の値段で同じように釣れる仕掛けがあるので下のおすすめ記事で紹介します
 

 
おすすめ記事
画像クリックでリンクへ飛びます
 
 大漁ケイムラサビキをインプレッション

更新日 2021年9月28日

著者 古田晃広