三崎港、城ヶ島、油壷、浜諸磯 釣り

三浦半島(三崎港、城ヶ島、油壷、浜諸磯、剱崎、宮川港) 、横浜の釣り場案内【コロナ、トイレ、釣り禁止、駐車場】ルアーフィッシング、シーバスゲーム、アジング、メバリング、ロックフィッシュ(ライトゲーム)情報、釣具のインプレッション、釣り餌検証などを提供する釣りと三浦半島に特化した情報サイトです

釣り具をデザイン
アングラー目線で考察

 
 

シマノ(SHIMANO)
Trastick(トラスティック) S610L

 
シマノ(SHIMANO) Trastick(トラスティック) S610L
 
コスパ最高のパックロッドです。シーバス、ショアジギングからブラックバス、それこそ投げ込み釣りからサビキ、ウキ釣りなど多種に渡り使えるユーティリティロッドだと思います
 
ルアーウエイト4~21gなので1~2gのジグヘッドを使うケースが多いライトゲームでは水中の感覚がやや分かりにくい印象を持ちました。リールは2000番台くらいがおすすめ。メタルジグは10~20gが扱いやすいです
 
シマノ(SHIMANO) Trastick(トラスティック) S610L
 
ロッドの長さについて
 
先端から数え3つ目のブランクスで二種類選べます。長いブランクス使用で6.10フィート。短い方は5.10フィート。狙う魚種やポイントで変えることが出来るので、かなり便利です
 
実売価格が1万円台のロッドなので高級感はありません。但し値段相応の価値は絶対にあります。写真にはありませんがソフトケース+ハードケースが付属します。私自身は最強のセカンド(ユーティリティ)ロッドとして使いまわすつもりです
 

更新日 2021年7月28日

著者 古田晃広