三浦半島、関東で釣りを楽しむ

三崎港、城ヶ島、油壷、浜諸磯 釣り

雨の日は釣れる?【海釣り】

 
 
雨 海釣り 釣れる
 
雨の日は何故か釣れる気がする。そんな風に思うアングラーは多いと思います。筆者もその一人です。では雨の日はなぜ釣れるかのを科学的根拠も含め説明したいと思います
 

 
雨釣行のメリット
 
人の気配が消える
 
雨 海釣り 釣れる
 
雨が降ると(または強風時)魚から見て海面上の情報が遮断されるそうです。という事は魚から海面の先の陸にいる人間が視界から見えなくなり魚の警戒心が薄れると言われています
 
実際筆者は警戒心が強いと言われるシーバスが釣れる時は雨、もしくは強風時が多いです
 
 
釣り人が減る
 
雨 海釣り 釣れる
 
雨が降れば釣行に行く人が少なりなり、釣り場はいつもより空きます。魚のスレ度は釣り人の数に比例するので、特に人気釣り場では雨で釣り人が少ない方が釣れる確率があがります
 
 
気圧が低くなり魚が浮き
魚が陸側に近づく
 
雨 海釣り 釣れる
 
気圧が下がると魚は上に浮き、陸側に近づいてくるそうです。いつもは届かない仕掛けが気圧が下がる事で届き釣れ易くなります
 
 
魚を狙う鳥が少ない
 
雨 海釣り 釣れる
 
雨で海面上の視界が悪くなり、魚を狙う鳥が小魚を捕獲するのが困難になり、小魚の警戒心が薄くなり釣れ易い&警戒心の薄れた小魚が浅瀬や内湾に入って来て、それ追うフィッシュイーターがやってきて釣れ易い
 
 
雨により海中の酸素が増える
 
雨 海釣り 釣れる
 
雨が海面に落ちる振動で酸素が発生します。海中に酸素が多いと魚の活性が上がり釣れ易くなります
 
 
海中が濁る
 
雨 海釣り 釣れる
 
雨により海水が濁る事で魚の警戒心が薄れ釣れ易くなります
 
 
河口付近が釣れ易い
 
雨 海釣り 釣れる
 
雨により川が増水すると川からの流れ込みが普段より多くなります。川の水の栄養素(餌)を好む魚が多いので河口に小魚に集まり、それを追うフィッシュイーターが現れ釣れ易くなります
 
 
とここまでは雨の中での釣行での釣れ易いメリットを記載しましたが下記では雨釣行のデメリットを書き綴ってみます
 

 
デメリット
 
真水が苦手な魚は釣れにくい
イカやタコがそれにあたります
 
 
危険が伴う
雨釣行では視界の悪さ、足元が滑る、風邪を引くなど健康に被害が出やすくなります
 
 
モチベーションが保ちにくい
天気の良い日に比べると雨天は集中力やモチベーションを保つのが難しくなる
 

 
最後に
 
雨 海釣り 釣れる
 
雨天釣行がどんなに釣れ易いと言っても傘も挿せない状況下の釣行は止めるべきでしょう。高潮を筆頭に命に係わる事故に繋がり易いです
 
また悪天候時はそれこそキャストもまともに出来ず、アタリを取るのも厳しいです

更新日 2021年9月28日

著者 古田晃広