三浦半島、関東で釣りを楽しむ

三崎港、横須賀、横浜、東京の釣り

パワーイソメは釣れない?
釣れる?検証しました

 

パワーイソメ

パワーイソメ
 
パワーイソメ
 
パワーイソメを含むワームやメタルジグはミニマルな釣りをしたい方にはうってつけの釣り具(餌)ですよね。ですが疑似餌は釣りが難しくなると言うか、例えば自分がワームやメタルジグで全く釣果が無い中、となり家族連れが餌釣りでばんばん釣果を出してると結構凹んだりします
 
自身が三崎に移住して最初はワームでアジング、メバリングから始めました。メタルジグも使いました。ワームは稀に釣果がありましたが、アタリさえ無い日も結構ありました。結果、疑似餌以外の餌(生餌)に手を出してしまいますがミニマルに疑似餌で釣果を出していきたい気持ちがかなりあります
 
釣果が厳しい疑似餌の中で釣果が出やすかったのが今回紹介しているパワーイソメとガルプのベビーサーディンでした。釣果はほぼ同等でしたが(若干パワーイソメに軍配)ガルプは匂いがキツイので今はパワーイソメばかり使っています

 
本題に入るとパワーイソメは生餌(イソメ、オキアミ、イカの切り身)には敵わない事(三崎港周辺ポイントの話)が多いですが、疑似餌の中では最強クラスです
 
油壷の胴網海岸横堀海岸ではパワーイソメ&ガルプ・ベビーサーディンでシロギス(とフグ)が入れ食いだったので場所によってはメインで使えます。参考までにその際に塩イソメやオキアミも使用しましたがアタリやヒット数は一緒でしたがワームより餌持ちが悪かったので途中で使用をやめました
 
また通常のワームで置き釣りをしても全く反応はありませんがパワーイソメやガルプはアタリが出たり、稀に釣れる事もあるので生餌にかなり近いと思います。ガルプのイソメも今度使用したいと思います
   


 
他の餌との比較
 
 
塩イソメVSパワーイソメ
塩イソメの圧勝でした
 

 
オキアミ
 
オキアミ
 
食わせオキアミVSパワーイソメ
アタリ数は同等でしたが釣果は断然オキアミでした。オキアミは餌持ちがよくないのでキャスト時など気を遣いました
 

 
イカの切り身
 
生イカの切り身VSパワーイソメ
アタリの数はほぼ同格。ヒット数は断然イカの切り身でした
  

 
記事に出てきた商品の紹介

 

 

 

 

 

 
使用した道具
 

 

 

 

更新日 2021年10月27日

著者 古田晃広