三浦半島、関東で釣りを楽しむ

三崎港、城ヶ島、油壷、浜諸磯 釣り

三崎港で釣れると思うエギ

 
 
三崎港 エギ
 
筆者が三崎港で釣れると思うエギを紹介していきます。使用したことが無いメーカーや独断と偏見もありますのでご了承ください
 
 
カンジインターナショナル
クリックス・プロスペック
 
カンジインターナショナル
出典 : amazon.co.jp
 
このエギで反応がなければ、そのポイントに自分が釣れるイカがいないと思える程、信頼を置いてるエギです
 
3.5寸のラインナップは豊富なのですが3寸は中々手に入らないのが難点で秋の新子時期は3.5寸は抱いてこない事が多いので、その辺りは少しネガティブポイントです
 
カラーは桜島ピンク、さつまオレンジ、ブラウンゴールドクリスタルが個人的に釣れると思うカラーです
 
特徴としてはシャクリ後の間で食わせるというイメージで、実際にシャクった後にフォールに入ると早い段階でアタリが来ることが多々あります。また、シャクリ時にあえて間隔を空けると、その際に抱いてくることがあります
 
フックの性能が良いので掛かりが良いのとバラシが少ないのも良い点です
 

餌木猿
 
餌木猿
出典 : amazon.co.jp
 
プラスチック製のエギが主流の中でレアな木製(桐)エギです
 
木が生み出す水中の安定性と、良い意味でイレギュラーな動き(生命感!?)がイカには魅力的なようで、他のエギでは抱かない時にリーサルウェポン(最終兵器)として使用しています
 
しゃくり後のフリーフォールが効果的です。筆者はナイトエギングをする事が多いのでフリーフォールではアタリが分からないので10カウントに一回、合わせと誘いの意味でショートジャークを入れ、再度フリーフォール。これを繰り返します
 
もしくはスローなただ巻きで抱いてくる事があるので、「ただ巻き→たまにシャクル(誘い)を繰り返す事で釣れる事があります。ただ巻きエギングにおいては一番釣れるエギだと思います
 
職人の手作りなので、販売数が少なく関東在住の筆者はネットで買うしかないので、好きなカラー、サイズが購入出来ないのが難点です。特に3号はほぼ売ってません
 
釣れると思うカラーはナイトエギングなら濃いグリーン、ブラウン、ピンク、オレンジ。満月時ならブラック。日中ならブラウン、水色、薄いグリーンが強いです
 

エギ王
 
エギ王
出典 : amazon.co.jp
 
総合力の高いエギでカラー、サイズ共に手に入りやすく、1.8号&2号&2.5号&3号&3.5号と筆者が唯一ラインナップしているエギです
 
ポイントに入ったらまずこのエギを投げる自身のスタンダード餌木です
 
夜エギングであれば軍艦グリーン、オラオラマンゴー、ムラムラチェリー、スケスケキャンディ、金アジ。朝まずめ&夕まずめはレッド発光のネオンブライト。日中はブルーポーション、ケイムライワシ、モエモエグリーン、ブルー発光のネオンブライトが強いです
 
反応はあれど抱いてこない時はシャロー系で対応出来る時があります。油壷や城ケ崎、宮川の磯などのシャローエリアでもシャローエギは根掛かりしにくい+釣れ易いイメージがあります
 
どれか一つを選ぶとするならエギ王K スケスケキャンディ 3号です
 

EZ-Q CAST 喰わせ
 
EZ-Q CAST 喰わせ
出典 : amazon.co.jp
 
このエギでしか釣れない時があるのでローテーションに入れて損はありません。万能感は無いので変化球的に投入しています
 
夜エギングではブルー夜光系。日中はケイムラエビで実績多数
 

アオリーQ 大分型布巻
 
出典 : amazon.co.jp
 
2号ブルー夜光もしくはブルー夜光レッドヘッドが5~8月に釣れ易いケンサキイカならびに9月のアオリイカ新子において大変釣果の出たエギです
 

その他
ここから実際に使ってみて筆者的にあまり釣れると感じなかったエギを紹介
 
シマノ・フラッシュブースト
スレ度が低いエリアであれば釣れると思いますが、三崎港で筆者の攻め方ではいまいちと印象を持ちました。地元のエギング仲間からの評判もあまりよくありません
 
ダイワ・エメラルダス
釣果はそれなりにありましたがエギ王に比べ微妙な印象でした
 
餌木邪、餌木蔵、エギ番長、キーストン、墨族のエギは使った事が無いので今後使う機会があればインプレッションしたいと思います
 

最後に
「絶対に釣れるエギ」「めちゃくちゃ釣れるエギ」というタイトルで記事を多数見かけますが筆者はそんなエギは存在しないと思っています
 
釣り場(イカの個体数、スレ度、水温)の状況やアングラーの攻め方、行く時間帯によって、そのイカにマッチしたエギは変わってくるのだから絶対なんて言葉はあてはまる訳がありません
 
筆者的は基本路線となるエギメーカー(カラー、サイズ、フォールスピード)を決め、そのセレクトでは釣れない時に別のアプローチで攻める別のエギメーカーを使用していくと言うのが釣果に繋がり易いと感じています
 
もし自分がエギを10本選べと言われたらエギ王5本、カンジ・プロスペック 2本、餌木猿2本、EZ-Q CAST1本をセレクトします
 
 
三崎港エギングTOP
画像クリックでリンクへ飛びます

更新日 2022年1月19日

著者 古田晃広