三浦半島で釣りを楽しむ
エギング研究&三崎港の釣り

 

釣り場はアングラーにとってたからものです。ルールやマナーを徹底しない限り、釣り場は減る一方です。違法駐車や立入り禁止エリアへの侵入は絶対にやめてください。またゴミは必ず持ち帰り、可能であれば自分以外のゴミも持ち帰るようにして、未来の釣り場を守りましょう

三崎港、城ヶ島、油壷、浜諸磯 釣り

このエギ釣れる?釣れない?
【番外編】

いわし油、エギMAX

 
いわし油
出典 : amazon.co.jp
 
エギマックス
出典 : amazon.co.jp
 
匂いや味(味覚、嗅覚)でイカは釣れるのか?エギに塗る、スプレーして釣果を伸ばすを目的とした商品になります
 
まずこの手の商品で結構勘違いしてる人が多いのですが匂いでイカが寄ってくると思ってる人がいますが(筆者もそうでした)基本はイカがエギを抱いてきた際に餌木に味が付いてる事から抱いたエギを離しにくいというのが一番の効果で、寄せる効果はほぼ無いと思っていいと思います
 
では実際にこの手の商品で釣果を伸ばすことが出来るか?筆者的には6割は恩恵ありと感じ、4割はあまり意味がないというのは正直な感想です
 
実際にどんなシーンで使うべきか?筆者はどのようなシーンで使っているか記載していきます
 

夜エギングでフリーフォールで狙う際
夜、フリーフォールでのエギングはラインの動きでアタリを感知するのが出来ません。その場合は次にシャクるのがアクションとアワセの両方となるのですが、いわし油(エギマックス)を塗る事でイカが餌木を離しにくいので、その分釣れる可能性が高くなるから使う
 
ボトムステイメインのエギング
餌木をボトムステイして誘うエギングはラインを貼り過ぎるとイカが不信感を抱くことが多く、多少ラインを緩める事で抱きやすくなります。夜の場合、どうしてもアタリが取りにくい為、いわし油(エギマックス)の効果で餌木を長く抱かせ、次のシャクリで掛ける為です
 
2号など小さい餌木を使う時
小さい餌木は比重が軽い為にテンションフォールでもアタリが取りにくいです。2号などの小さい餌木を使うのはツツイカ(ケンサキイカ、ヤリイカ)を狙う時が多いですが、ツツイカはアタリが小さめなので尚更その傾向が強くなります。そんな時にいわし油(エギマックス)を使います
 

筆者自体がいわし油(エギマックス)を塗った餌木とそうで無い餌木を交互に投げて検証をやってきましたが、明らかに釣果に差異が出たことは現時点ではありません
 
但し別の方が行った検証では明らかに釣果に差異があったので、そちらの内容を紹介します
 
有名な釣りYouTubeチャンネルで二人が餌木を投げます。同じ号数、似たカラーの餌木を用い、似た距離感に餌木を投げ、似たようなアクションをします。秋の釣れるシーズンで1時間この検証を行った結果は…
 
いわし油(エギマックス) 6杯
何もつけない 2杯
 
とかなりの差異が出たのです
 

参考までに筆者はエギマックスはリピートしてません。理由はコスパが悪いからです。1000円くらいの商品ですが3回程度の釣行で中の液体が無くなりました
 
いわし油は現状でも使用しています。お得な大瓶を購入して小さい容器に移し使っています。2800円で100回くらいの釣行出来そうな量です
 
デメリットが幾つかあります。まず塗るのが結構面倒です。10回くらいまで匂いが残りますが塗りたての方が釣れ易いです
 
またいわし油を塗った状態で放置するとエギに黄色い染みが付くのと匂いも残ります。お湯等で洗浄するのを進めます。洗剤は酸性成分が含めれており、イカは酸性を嫌うので止めておきましょう
 
いわし油

更新日 2022年5月13日

著者 古田晃広