三浦半島、関東で釣りを楽しむ

三崎港、横須賀、横浜、東京の釣り

ライトゲームから簡単に
ちょい投げに変更する仕掛け

 
ライトゲームをしていて、ちょい投げなら釣れそうって思う時ありますよね。しかしライトゲームアングラーは専用の仕掛けを持ち歩く事がないし、仮に購入しても仕掛けを変更するのが面倒。そんな時にオフセットフック(ワームフック)とオモリだけで簡単にちょい投げに変更出来る仕掛けを紹介してみようと思います
 

 
【ライトゲーム→ちょい投げ】
 
ライトゲーム、ちょい投げ
 
ラインにオフセットフックを直結します
 
 

 
【中通し重りの場合】
 
ライトゲーム、ちょい投げ
 
ラインを中通しオモリの穴に入るよう摘みます
 
ライトゲーム、ちょい投げ
 
摘まんだラインを重りの穴に通します
 
ライトゲーム、ちょい投げ
 
ライン先端(長円部分)をオモリに被せます
 
ライトゲーム、ちょい投げ
 
完成です
 

 
【ナスオモリの場合】
 
ライトゲーム、ちょい投げ
 
ラインを重りの穴に通します
 
ライトゲーム、ちょい投げ
 
ライン先端(長円部分)をオモリに被せ完成です
 
ライトゲーム、ちょい投げ
 
完成品です。オモリをラインを被せる事で固定するのはスイベルが無い為、直通しだとラインがフックまでずり落ちてくるためです。以前直通しを試した事がありますが根掛かりが多発&フックとオモリの位置が近すぎるのか魚がヒットしにくと感じたので、被せ式を採用してます
 
ライトゲーム、ちょい投げ
 
ウキ釣りをしたい場合はオフセットフックを結ぶ前にラインにゴム管を通します
 
ライトゲーム、ちょい投げ
 
普段こんな感じでちょい投げ変更用仕掛けを持ち歩いてます。入っているのはオフセットフック、オモリ、鈴です
 

 
【餌について】
 
本来は活きイソメがよいですが持ってない場合はパワーイソメやガルプイソメで釣れます。活性が高い場合は投げて、ほっといても釣れますが、活性が低い時は仕掛けを動かし誘ってください。狙う魚種にもよりますが大きいワーム(パワーイソメやガルプイソメ)の方が釣れる感じがします
 

日中ならこのカラー
 

夜釣りはこのカラーがおすすめです
 

ガルプ日中パターン
 

ガルプ夜パターン

更新日 2021年10月27日

著者 古田晃広