三浦半島で釣りを楽しむ
エギング研究&三崎港の釣り

 

釣り場はアングラーにとってたからものです。ルールやマナーを徹底しない限り、釣り場は減る一方です。違法駐車や立入り禁止エリアへの侵入は絶対にやめてください。またゴミは必ず持ち帰り、可能であれば自分以外のゴミも持ち帰るようにして釣り場を守っていきましょう

三崎港、城ヶ島、油壷、浜諸磯 釣り

このエギ釣れる?釣れない?

エギ王K

 
エギ王K
 
餌木と言えばエギ王、筆者の地域はスレ度が高いのでエギ王Kは正にスタンダード餌木。サイズ、カラー、フォールスピードのバリエーションが多いのもありがたい
 
筆者が一年を通じまず最初に投入するのがこのエギ王Kシリーズ。数ある餌木の中でも総合力で言えば断トツ。春や秋のハイシーズンは3.5号。夏、冬の渋い時期は3号で攻め、かなりに確率でイカを釣り上げてくれる優秀な餌木
 
5-8月のケンサキイカの最盛期は2.5号を主体にこれまで多くのケンサキイカが釣れました。冬のサキイカシーズンは3号で釣果をもたらせてくれます
 
釣れると思うカラーはナイトエギングであれば軍艦グリーン、スケスケキャンディ(ムラムラチェリー)。ベイトがイワシの時はケイムライワシ、アジの時は金アジ。濁り潮の時はオラオラマンゴーが実績大です
 
日中ならケイムラシリーズ、ネオンブライト(筆者はブルー発光系で実績多め)が強く、またブルーポーションも釣れます
 
シャローエリアやフォールを遅くしたい時はシャロー系を使うのも一つの手ですがチューンヘッドで対応出来るのも良いです
 
エギ王K
 
参考までに2.5号にチューンヘッドは装着出来ますが、2号には装着出来ません
 

デメリット
 
機能面でデメリットは特に感じませんが価格が高めなのがデメリットです
 
エギ王K

更新日 2022年10月6日

著者 古田晃広