三崎港、城ヶ島、油壷、浜諸磯 釣り

三浦半島(三崎港、城ヶ島、油壷、浜諸磯、剱崎、宮川港) 、横浜の釣り場案内【コロナ、トイレ、釣り禁止、駐車場】ルアーフィッシング、シーバスゲーム、アジング、メバリング、ロックフィッシュ(ライトゲーム)情報、釣具のインプレッション、釣り餌検証などを提供する釣りと三浦半島に特化した情報サイトです

ライトゲームで一番釣れる
(と思う)ジグヘッド

  
JACKALL(ジャッカル)マイクロジグヘッド 1.0g
 

JACKALL(ジャッカル)
マイクロジグヘッド 1.0g
 
ジグヘッドはこれまでに様々な種類を試してきましたが、最終的にバイトが多くヒット率が高いと思えるジグヘッドはこれという結論になりました
 
釣果に繋がる理由は軽い故に水中での落下速度が遅く、誘いに繋がる事。ジグヘッド自体が小さいので魚に警戒心を与えにくい、針が小さいので魚に掛かりやすい。この辺りが要因かなと思っています。軽量なので根掛かりしにくいのもメリットの一つです
 
とは言え万能ジグヘッドではありません。デメリットもあるので、そちらも記載します
 


 
とにかく飛ばない
軽量なので仕方ないですが向かい風の時は2~3mしか飛びません。飛距離を出す為に飛ばしウキやシンカーを使用するとシンカー使用では根掛かりが増える&バイトの数が減ります。飛ばしウキ(スローシンキング)だとフワフワし過ぎてジグヘッドの感触が掴みにくくなります
 
潮の流れが早いと厳しい
磯など潮の流れが早い所でコントロールが難しくなり狙ったポイントへの落とし込みや誘いが思い通りにいかなくなります
 
すぐ折れる
針が繊細なので簡単に折れます。針折れでバラシしてしまった時など悲しいです
 
デメリットは結構ありますがバイトが出やすい&乗りやすいは素晴らしいメリットなのでタックルボックスに入れておいて損のないジグヘッドだと思います
 

更新日 2021年7月28日

著者 古田晃広