三浦半島、関東で釣りを楽しむ

三崎港、城ヶ島、油壷、浜諸磯 釣り

イワシングでイワシを釣ろう

 
 
イワシング
 
アジング、サバリングに比べワームで釣るのが難しいのがイワシングです。イワシは相当食い気がない限り基本ワームに反応しません(逆に食い気満々の時は自分とほぼ同じサイズのメバル用プラグにさえアタックしてきます)
 
地域差があると思いますが(筆者は三崎港エリア)日中のイワシはイワシングではかなり難しいので狙うならナイトゲームがおすすめですが、日中でも群れが入っていれば釣れる事もありますが、岸壁側は難しく、遠目で釣れる時があります
 

 
仕掛け
ロッド、リール、ライン等はアジング、メバリングで使う装備で十分です。ジグヘッドは針が小さい程、釣れ易いです
 
JACKALL(ジャッカル)マイクロジグヘッド 1.0g
ジャッカル・マイクロジグヘッド
 
ワームは3インチ以上は難しいですが小さいからと言って釣れる訳ではなく1.5~2.5インチまで万遍なくアタックしてきます
 
筆者おすすめワームは活アジストレートです
 
エコギア(Ecogear) 熟成アクア 活アジストレート
活アジストレート
 
また食わせオキアミも結構反応あります
 

 
ロッドアクション
鰯はフォールで食べてくる事も多々ありますが、トゥイッチで反応する時も結構ありますので。その日の状況に合わせフォールで食わせたり、ツゥイッチで食わせてみてください。スレ度が高い時はフォール、もしくはフォール+ちょいアクションくらいが良いです
 
レンジ
基本は深層の方が警戒心が薄れるのかバイトが出やすいですが、食い気マックスの時は表層で反応あります。ワームを入れた瞬間、アタックしてくる事もあります
 

 
裏技
ジグ単で反応が無い時はラインとジグヘッドの間に豆アジ用サビキ仕掛けを介入させると釣れる可能性が上がります
 
イワシング
出典 : amazon.co.jp
 

 
色々やっても反応が無い
あイワシングでのイワシ狙いは諦めた方が得策かも知れません。釣れない時は何をやっても釣れません。こういう場合の鰯はサビキでも釣れずトリックサビキでやっと少し釣れる程度の状況になっています

更新日 2021年10月27日

著者 古田晃広