三浦半島、関東で釣りを楽しむ

三崎港、城ヶ島、油壷、浜諸磯 釣り

三崎港2021年秋
エギング好調です
アオリイカ、コウイカ

 

三崎港エギング
 
2021年夏、6月から結構釣れたマルイカ(三崎人はメトと呼びます)は8月上旬に打ち止め状態でそこからは地元の釣り仲間も含めエギングをしても完全な無状態が続きます
 
湾内にはアオリイカの赤ちゃんがを多数目撃しており秋に期待と思いつつ9月に入り、筆者や地元の仲間にもぽつぽつと釣果が出て、10月に入り本格的にイカが釣れ始めました
 

 
三崎港エギング
 
2021年10月の時点で三崎港エリアのベイトフィッシュはトウゴロウイワシで次いでマイワシ、アジです
 
もう少し水温が下がるとカタクチイワシが入ってくると思います
 
10月以降ベイトが沸いてる付近にエギを投げると反応してくる時がそれなりにあります。釣れてるイカは主にアオリイカ、コウイカです
 
三崎港エギング
アオリイカ
 
三崎港エギング
コウイカ
 
話しが逸れますがベイト付近にはシーバス、青物がかなり付いており、筆者は10月に入り73cm&69cmのシーバスを釣り上げています
 
三崎港は神奈川ではエギングの聖地とされてますが陸っぱりでは然程釣果は期待出ません。通常で0~1杯。運がよくて2杯。超絶ラッキーで3杯となります
 

 
三崎人が教えるエギングテクニック
 
エギのサイズや色について
サイズや色はそれほど重要じゃない感じがします。無論その日に向いてる色やサイズはありますが、そこは複合的要因が絡んでくるので説明が難しく記載はしませんが、傾向として三崎港エリアはイカがスレているので小さめのエギでスローにフォールさせると釣果が出やすいです。色は夜に関してはオレンジ、ピンク系が強い気がします
 
 
ランガンで攻める
基本はベイトがいる場所にエギを投げて狙いますが風が強い時などベイトの存在が確認出来ない時が多いです
 
そんな時は15~20投エギを投げ反応が無ければ別の場所へ移動する事をおすすめします。釣れる時は大抵10投以内で反応があります
 
場所を移動したくない&移動したくても混んでいて他の場所に入れない場合などは20投を目安に一度ポイントを休ませるのが良いです。休憩するなり他の釣りをして釣り場のスレ度緩和をさせます
 
参考までに筆者はイワシ、サバ、アジ、ネンブツダイなどをライトゲームで釣り、それを餌に泳がせ釣りをしてアオリイカ、コウイカ、マルイカ、シーバス、真蛸、クエを釣った事があります
 
 
激しいしゃくりはご法度
「親の仇!」的に凄い音を立ててしゃくる人が稀にいますが、他のエリアや磯場では有効な誘い(アクション)かもしれませんが、三崎港エリアではイカや魚がスレるばかりでは無く、逃げていきます
 
親の仇しゃくりをする人の傍で釣っていると自分のポイントでもアタリが遠のくので筆者はそういう人が隣に入ったら、すぐに別の場所に移動します
 
 
イカが釣れるポイント
花暮岸壁超低温冷蔵庫前うらりです。三崎港以外では城ヶ島通り矢浜諸磯油壷剱崎でも狙えます

更新日 2021年10月27日

著者 古田晃広