三崎釣り人の釣行記

おしゃれ釣り
 

スレた鰺たち

 

釣り おしゃれ

2021年2月某日 

あれは11月頃の出来事。本当はその時に状況を滴めたかったが繁忙期で仕事が忙しかったので今、こうして書いている
 
私は妻と一緒に犬の散歩に出ていた。海が見たいので海を通る道を選択しながらの散歩だったが、うらりマルシェの前を通り掛かった際、若い3人のアングラー達が(男の子2人、女の子1人)海を見ながら狂喜乱舞していた。なんだろうと思い3人に声を掛けると女の子のアングラーが「鯵の群れが入ってきたんです~」と海の方を指さしながら言う。確かに鯵がうじゃうじゃといる。夜に同場所で鯵の群れを見たことはあったけど日中に見るのは初めてだったので私もかなり興奮した
 
鯵の群れ
 
一通り犬を散歩させた後、自宅に戻った。しかし鯵の群れを見て心がときめかないアングラーはいないと思う。私は釣り具を持って鯵の群れの入っているポイントに向かった
 
先程の3人に近くで釣りをしてよいか尋ねると、快くOKしてくれた。更に私は鯵は釣れたかを尋ねると、さっきからずっと群れに仕掛けを入れてるのですが反応がないのです。と答えが返ってくる。夜アジ(プラクトン捕食)ならまだしも昼アジは釣れる事が多いから、単にこの若者たちが、あまり釣りが上手ではないと心の中で思いながら少し離れた場所で鯵が群れてる場所で釣りを始めた
 
参考までに若者3人の内、1人はアジング、1人は活きイソメで浮き釣り、もう一人はマイペースに別の魚を狙っていた
 
最初は1.5gジグヘッドに2インチのワームとオーソドックスなアジングスタイルで始めるが、どのレンジでも反応なし…。ジグやワームを小さくしたりアクションを変えても状況は変わらず。持参していた食わせオキアミをジグヘッドに付けても駄目。最終兵器とばかりに一度自宅に戻り取ってきた塩イソメを使っても釣れず。色んな事をしながらやっと掛かったアジはスレ掛かり…
 
少し鯵に対して飽きてしまった私は若者3人にその後の状況を聞きにいくと、アジは全く釣れず、一人マイペースに鯵以外の魚狙いの男子が淡々とメバルやカサゴを釣れていた。他の二人もアジに興味がなくなり根魚狙いに変更するようで、私も1時間近く釣行してこの状況なので、やる気を失ってしまい帰宅したのであった
 
あの鯵たちはサビキ釣りなら釣れたとは思う。しかしあれだけアジがいて、3人のアングラーが群れに仕掛けを投げ込んで釣れないって釣り場としてはやばいと思う。それこそスレまくりの鯵…。いつかスレ鯵たちを攻略したい。こうして私の鯵釣りの研究が始まるのであった