三崎釣り人の釣行記

おしゃれ釣り
 

油壷の美しい夕日に誘われて

 
釣り おしゃれ

2020年9月某日 

以前から気になる場所があった。油壷から三崎への道中、油壷京急マリーナの前の風景が大変素晴らしく特に夕日の時間帯は、その美しさに足をとめて見入る事がよくあった。ネットで知らべたら釣り可能なので88サイクルを走らせ行ってみることにした
 

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ASAHI あさひ 88CYCLE ハチハチサイクル ミニベロ
価格:71276円(税込、送料別) (2021/1/4時点)


 


 
現場に到着。今回の釣りスタイルは投げ込み釣り用に購入したミドルロッド2本(+2000番台のリール)にナイロン2号のラインを巻き、6号おもり、サルカン、針はチンタメバル用でハリス0.8号、餌は塩イソメを使用する。待っている間はいつもの装備でロックフィッシュを狙うつもりだ
 


 購入した装備

 

 

 

 

 

 


 

夕日見たさの釣行ゆえ、16時くらいから釣りを始める。風は少しあるが薄手のブルゾンで十分だ。爆釣指数は10段階中の4.5。だが手前に魚が見え、深い場所にも群れが確認出来るので期待度は高い

 

二本の竿に仕掛けと餌をセットして投入。アタリを知らせる鈴をつけ、とりあえず一息入れるため缶コーヒーを飲む

 

いつものライトタックル&ジグヘッドで動かす釣りをしようとセッティングしてると竿の鈴が大きく鳴った。竿先のしなり方を見ると魚が針を飲み込み暴れている感じだ。念の為、軽く合わせリールを巻くと、しっかり重みがある。20cm強のシロギスが釣れた

 

夕日をしっかり見たいので17時45分で釣りは終了。釣果はシロギス5匹、メゴチ1匹、カサゴ1匹、ヒトデ多数(笑)すべて投げ込み釣りの釣果で、と言うのは投げ込み釣りをしていた二本の竿がずっと当たってる感じで結局乗らなかったり、ヒトデだったりのパターンもありつつ【(キャストする→アタリがある→リールを巻く→餌をつけてキャストする)×2】のループで投げ込み釣りしか出来なかったのが今回の釣果の理由

 

その後はのんびり夕日を鑑賞。日が暮れて辺りが暗くなった風景もアンビエントな感じで良かった。こうして油壷京急マリーナ前の初釣りは釣果も含めとても心が満たされた内容になったのです

 

↓その風景が気になる方はこちらをご覧ください
油壷京急マリーナ 夕日で画像検索