三浦半島で釣りを楽しむ
エギング研究&三崎港の釣り

 

釣り場はアングラーにとってたからものです。ルールやマナーを徹底しない限り、釣り場は減る一方です。違法駐車や立入り禁止エリアへの侵入は絶対にやめてください。またゴミは必ず持ち帰り、可能であれば自分以外のゴミも持ち帰るようにして、未来の釣り場を守りましょう

三崎港、城ヶ島、油壷、浜諸磯 釣り

このエギ釣れる?釣れない?
【番外編】

墨族 オンブ、キーストン
※邪道エギ

 
墨族 オンブ
邪道エギ
 
キーストン
邪道エギ
出典 : amazon.co.jp
 
匂いや味(味覚、嗅覚)でイカは釣れるのか?餌木に餌を乗せて狙うエギング。通称邪道エギングと言われる代物です
 
まずこの手の商品で結構勘違いしてる人が多いのですが匂いでイカが寄ってくると思ってる人がいますが(筆者もそうでした)基本はイカがエギを抱いてきた際に餌木に味が付いてる事から抱いたエギを離しにくいというのが一番の効果で、寄せる効果はほぼ無いと思っていいと思います
 
似邪道エギというジャンルで筆者的には最も釣れるのがこの二種類と感じています
 

墨族 オンブ
アシストピン採用で餌が簡単に付けれます。とりのささ身や豆アジなど餌持ちのよい餌はそのまま使え、餌持ちの悪い餌は付属のワイヤーで固定するシステムですが筆者はささ身や鯵はそのまま使い、キビナゴなどは自前の輪ゴム等で簡単に固定しています。激しくシャクら無ければ外れたりズレたりすることはほぼありません
 
この餌木の最大の特徴はフォールスピード。通常の邪道エギは1m3秒程度で沈みますが、この餌木は1m5~5.5秒とゆっくり沈むのでケンサキイカやヤリイカなど始め、アオリイカ、コウイカ、タコなどナチュラルなフォールスピードで誘う事が出来ます
 
フォールスピードが遅いので流れが早い場所やディープエリアでは扱いが難しくなります
 
キーストン 邪道
ワイヤーで餌を固定するタイプで、餌の取り付けが面倒ですが特にヤリイカやケンサキイカはよく釣れます。フォールの姿勢が良いのかアオリイカも割と釣れます
 

墨族 オンブ、キーストン 邪道は買うべきか
もぐもぐサーチ、すしQが初心者用の邪道エギとするならば、墨族オンブとキーストンは中級者以上に是非使って貰いたい邪道エギです
 
激し過ぎるシャクリは餌ズレの原因になりますが。本来はツツイカ狙いがメインですので、その場合しゃくると言うよりフォールで沈んだ餌木を持ち上げレンジを攻める
 
ボトムで誘う場合はボトムステイでアタリが無ければ、誘う意味で餌木を上に持ち上げ、フォール、ボトムステイを繰り返しアタリを待つスタイルとなります
 
ツツイカと同時にアオリイカやコウイカを狙う事も可能ですが、スローめのシャクリが良いと思います。思いっきりしゃくりたい場合は邪道エギを使用前に普通の餌木を使用する事おすすめします
 
参考までにケンサキイカやヤリイカなどのツツイカは激しくシャクったから釣れる訳では無く、また激しいシャクリは群れが散ると言われています
 
邪道エギの中ではアオリイカを十分狙える餌木と思っていますが、筆者はツツイカが確実にいる場合を除けば、エギングをする中で最後の手段的に投入するエギです
 
コウイカ
 

最後に
餌木に付ける餌は鳥のささみ、きびなご、鯵(豆アジ、切り身)などが良いとされてますが、どの餌に関しても塩漬けをして余分な水分を抜き、餌も身持ちをよくするのが得策です。半日以上は塩漬けした方がいいので事前に餌を購入して釣行前に歯根でおきましょう
 
餌

更新日 2022年5月13日

著者 古田晃広