釣り情報サイト

 

カサゴリング、ガシリングで
カサゴを釣ろう

 
 
カサゴリング
 
昨今アジング、メバリングなど疑似餌を用いたライドゲームがアングラーに注目されていますが、自身がカサゴ(根魚)狙いのカサゴリングにはまっているので今回はカサゴリングについて解説していきたいと思います
 
カサゴは愛嬌のある見た目、食べて美味しく(私は天ぷらが一番好き)、引きも強いので、かなり楽しめる魚です
 
ここでは投げ釣り(置き釣り)、穴釣りは除きライトタックルを用いジグヘッドを動かす釣法で説明していきます。アジングで釣れない時など流用でカサゴリングが楽しめるのでそちらも解説します
 

 

 道具

 
ロッド
 
ライトゲーム用のロッドがおすすめです。長時間の釣行の際、重いロッドは疲れてしまうので力のない方や女性はアジングロッドなどの軽いロッドがおすすめです
 
二本継ぎのロッドはキャストがしやすく感度もよいので使い易い反面、持ち運びは少し面倒です
 
四本継ぎは携帯性にも優れ感度も悪くなくキャストもしやすいです
 
テレスコ(振り出し)ロッドはとにかく携帯性がよいです。感度などは継竿より多劣ります
 

 
リール
 
500~2000番台がおすすめです。こちらもロッド同様、軽量なリールの方が疲労が少ないです
 

私の一押しは月下美人
 

アンダー1万円で狙うならレガリスがおすすめ
 


 
ライン
 
繊細な釣りではないのでPEやナイロンがおすすめです。PEなら0.6~0.8号、ナイロン0.8~1号くらいといった所でしょうか。食いが悪い時やスレてる釣り場などでは細いラインほど有利ですがナイロン2号でも釣れる事があるので、そこまで神経質になることもありません。PEラインで安い商品は色抜けや毛羽立ちが酷いモノも多いので、きちんとした商品をおすすめします
 

PEラインなら間違いなくこのメーカー
 

 


 
仕掛け
 
ラインにジグヘッドを付けるだけです。根ずれや歯ずれでライン切れが心配な人はリーダーを使用してください
 
ジグヘッド、虫ヘッド
 

 


 
ジグヘッド(虫ヘッド)
 
【1.5~4g】アジングロッドなどを使用する際は2g以上だとキャスト時に違和感があるので避けた方がよいと思います。重いほど飛びますがカサゴは陸側にいる事が多いので飛距離は必要としません。また重いジグヘッドは底を引きずる際の違和感もかなりあります。逆に軽いジグヘッドは着底スピードが遅い為、潮の流れや風などでポイントがずれ、引いた時の感触も薄いので1・5g前後のジグヘッドが使い易いと思います
 

 

 


 
釣り方
 
  キャスト
 
海
 
自分を起点に多方向にキャストしてカサゴを探ります
 
キャスト後は着底を確認してください。着底はジグヘッドに底に付くと張っていたラインが緩む瞬間があるので、それが着底の合図です
 
ジグヘッドが着底したらラインを自分側に巻き(引き)ます。ラインの引き方は
「リールをゆっくり巻く」
「竿を横向きに引きながら」
「竿を立てながら」
 
主にこの三通りです「竿を横向きに」がバイトが多い反面、根掛かりも多いイメージ「竿を立てながら」は根掛かりは減りますが疲労度は高めです
 
ずっと動かすより一度巻いたら(引いたら)止める、巻く、止めるの繰り返しが釣果アップの秘訣です
 

 
あわせ
 
カサゴは餌を豪快に飲み込む事が多いので基本向こう合わせで十分です。浅いアタリであわせると乗らない事がよくあります。餌を飲み込み走り出すと竿が持ってかれるので、その際に合わせるのがベターでしょう。たまにのんびり屋なカサゴがいて餌を飲み込み、そのままの場所にいる事もあります。この時は根掛かりのような感触になりますが乗ったら慌てず取り込んでください
 
ヒットすると根に潜る習性があるので可能な限り、根に潜り込ませず取り込みましょう
 

 
使う餌
 
カサゴリングに限らずライトゲームの基本はワームなどの疑似餌を使用しますが生餌使用は邪道と考える人が多いです。しかし私は「疑似餌でカサゴが釣れない」より「生餌でも疑似餌でも何でもいいからカサゴが釣れる」の方が断然楽しいと思うので疑似餌&生餌使用のハイブリットカサゴリングで話しを進めていきます
 

 
生餌
 
活きイソメ
断トツ釣れる餌です。針付けはワームを刺す要領です。ちょんがけはお勧めできません
 
塩イソメ
活きイソメには若干劣りますが保存がきくのがいいですよね
 
食わせオキアミ
イソメ類には劣りますが釣れます。尻尾の方から針付けしてください。食いが悪い時は尻尾や頭を切ると食いがよくなります
 
イカの切り身
イソメ、オキアミには劣りますが釣れます。針持がよいのがメリットです
 
魚の切り身
場合によっては活きイソメ以上の釣果も!針持ちのよい魚種を餌にするといいと思います
 

 
疑似餌
 
匂い付きワーム
まずはここからスタートして反応が無ければ生餌に変えるのがベターだと思います。個人的にはエコギアの匂いワームが釣れるイメージですがガルプやパワーイソメでも結構釣れます
 

エコギア(Ecogear)
ワーム 熟成アクア
活メバル STグラブ 2インチ
 

 
パワーイソメ (太) 青イソメ
 

 
ガルプイソメ
バークレイ(Berkley) 細身 4 岩イソメ

 

 


 
釣れる時間帯
1日中釣れる魚ですが夜が特に釣れると思います。朝まずめより夕まずめの方がおすすめです
 
釣れる季節
1年中釣れますが秋冬によく釣れます。冬は釣れる魚種が減るのでありがたいですよね
 

 
カサゴはエラ、ヒレが鋭利なのでフィッシュグリップとプライヤーを使うと安全です。オニカサゴとカサゴは見分けが付きにくいですがオニカサゴは毒針を持っているので更にフィッシュグリップとプライヤーは重要です
 

 

 

食べると美味しい魚ですが頭部が大きいので20cm以下のカサゴはリリースしましょう。食べる部分がほとんどありません
 
アジングで釣れない時、カサゴリングにチェンジする事でカサゴ(根魚系)が釣れる事が多いです。攻めるレンジをボトムに変更するだけでOKです。アジングは細いエステルラインを使うことが多いので取り込み時はドラグを上手く活用してください
 

 
カサゴリングに関連する記事