釣り情報サイト

 

アジング+サビキ
ブラッシュアップ 

 
以前に紹介したアジング+サビキですが、実釣していく内に幾つか気づいた事があり仕掛けをブラッシュアップしました
 
 
アジング+サビキ
 以前のアジング+サビキ仕掛け
 
釣りというのは状況によって仕掛けを変えていきますが、その際に少しの手間を億劫に感じます。釣果を変えずもっと簡易な仕掛けに出来ないか模索して思い付いたのがこちらの仕掛けです↓
  
アジング+サビキ
 
ジグヘッドに繋がるラインに直接サビキ針(ハリス)を連結させる仕掛けです
 

 
仕掛けの作り方
 
アジング+サビキ
 
売っているサビキ仕掛けを写真のようにカットします
 
アジング+サビキ
 
 
好みの場所に二重結び(片結びを2回) でメインラインと連結させます
 
アジング+サビキ
 
アップにするとこんな感じです
 
アジング+サビキ
 
余計なラインをカットします
  
アジング+サビキ
 
完成です。ウキを付けたい時は
 
アジング+サビキ
 
こんな感じです。簡易に装着出来る飛ばしウキを使うのも一つの手です
 
アルカジックジャパン シャローフリーク PUCHI F
 

 
もう一つのメリット
 
アジング+サビキ
 
根掛かりの時(ほぼジグヘッド)矢印の場所でラインが切れればジグヘッド一つロストで済むのですが
 
アジング+サビキ
 
矢印の結合部分でラインが切れる事も結構あります
 
アジング+サビキ
 
ブラッシュアップした仕掛けは矢印部分でしか切断されないのでサビキ針は残ります